インターネットビジネスでは必須の特商法

今やネットビジネスは立派なビジネスジャンルと言えますね。
多額の資本金を必要としないために、誰でも簡単に取り組めることができます。
それだけに会社勤めのサラリーマンからパートタイマーの主婦層を中心にネットビジネスが広がっています。

しかし、ネットビジネスと言うと、どうしてもいかがわしいイメージが先行しそうな場面もあります。
それは情報商材や高額セミナーに誘導するビジネススタイルが付きまとっているからかもしれません。
ここで信頼性を担保する方法の1つが「特商法」なのです。

特定商取引法

正式な名称は「特定商取引法」
この法律は違法な事業者の強引、且つ詐欺的な行為で顧客を多額のお金を騙し取るようなトラブルを防ぐために作られた法律です。
一般消費者の利益を保護することが目的となっており、訪問販売やインターネットを媒体とした通信販売などから顧客が不利益にならないために、事業者が守るべきルールか定められているのです。
また、クーリングオフ等のルームも付記されています。

サイトに必ず記載されている事業者概要

ネットビジネスのベースとなるのが、事業者のホームページです。
通常のビジネス形態とは異なり、サイトを媒体として、事業を展開するネットビジネス。
それだけにサイトを運営している事業者の概要がホームページに明記されているのですが、これも特商法で定められていることなのです。
代表者名・会社所在地・電話番号・メールアドレスなど基本的な情報を全てここに反映されていなければならないわけです。

悪質なネットサイトを見極める方法

冒頭でもお話したようにネットビジネスの中で確執な詐欺的サイトが後を絶ちません。
残念ながら悪質な事業者から我が身を守るためには、ネットに公開されているサイト優良なのかどうかを見定めるしかないのです。

この時に参考になるのが、特商法に基づく事業者表記です。
悪質な事業者はこの会社表記がいい加減に記されています。
実際の会社がありそうもない所在地が明記されていたり、会社の電話番号も実際に存在しないものであったりしています。

そのために、少し確認をするだけで本当に実在のしている会社なのかが即座に分かるのです。
このように特商法は単なる法律ではなく、実際に消費者を守る法として存在しているので、一般消費者も何か疑わしいことがあるなら、この法律に定められている内容を理解して、優良なネットビジネス事業者を見極めることです。

タイトルとURLをコピーしました