副業で海外FXをする前に注意すべきポイント

なぜ海外FXをするのか

最近では海外FXが注目されていますが、国内の業者よりレバレッジが高く一獲千金を狙えるためです。
また、国内の業者では価格が下がり口座残高不足になると追加証拠金が請求され、失敗すると借金を背負うことになります。
しかし、海外の業者は取引方式がNDD方式で約定率やスピードにすぐれ、口座残高不足になっても追加証拠金を請求されないため安心して取引をしやすいです。

レバレッジは国内の業者では最大でも25倍になり、近年では10倍に制限する計画があります。
しかし、海外の業者は最大で1000倍になり少ない資金で大きな利益を実現でき、一獲千金を狙える可能性が高いです。このため、多くのトレーダーは海外の業者に目を向けるようになり、一発逆転をすると金銭的に余裕を持てるようになります。

実際には甘くはない

海外の業者は【追証なしのゼロカットシステムで安心】や【新規口座開設や入金でボーナスをもらえる】などのうたい文句で登録者を増やしてきますが、実際には詐欺のリスクがあり国内の金融庁で利用が推奨されていないと理解する必要があります。

詐欺のパターンはせっかく取引で利益を出しても出金拒否が続き、挙げ句の果てには計画倒産をされることで預けた資金を返金してもらえないケースが多いです。

このため、業者をきちんと調査してから選ばないと失敗するリスクがあり、直接相談できるよう日本語に対応しているか確かめないといけません。副業でFXをして一獲千金を狙うために海外の業者を選ぶと良いと思われがちですが、うまい話には裏があると考えて不審な点がないか確かめて登録をする必要があります。

どのようなポイントを調査すべきか

海外FXを始めるときは国内の業者のように日本語に対応していないため、メールや電話などで問い合わせや相談ができない場合もあります。
また、出金拒否などの詐欺にあう可能性も有り、倒産すると資金管理が信託保全ではなくそのまま失う可能性が高いです。

業者に関する情報は利用者の口コミや評判などを参考にすると分かりますが、数が少ないと良い内容であっても信憑性が低くなります。
見分けるポイントは資金管理の方法や会社概要で所在地や連絡先が明記されているか確かめ、情報が不十分であれば他社を探すようにすることが望ましいです。

業者を選ぶときはメリットだけをアピールするケースは裏があるものだと考え、預けた資金を返金してもらえずだまし取られないようにしないといけません。また、国内の金融庁の許可を受けていないため、利用するときは自己責任ですることが求められます。

海外FX事業者が顧客を獲得する方法について

副業で知られている海外FXですが、海外のFX事業者が顧客を獲得するには多数の方法があります。これら方法を知ることでどのような広告媒体から海外FXの利用者として登録した方がお得であるかを解説していきます。

まず、一般的でかつ一番多い広告媒体ですが、アフィリエイト型のウェブ広告が海外FX事業者は一番多い広告媒体になります。
この広告媒体の利点は、ブログなどで海外FX事業者を宣伝し、ブログ上から登録してもらえればアフィリエイトプログラムを利用している側も利益を得ることができ、ブログ上のアフィリエイト広告から登録したものも登録ボーナスをもらうことができてお得という物です。

この方式の利点は、宣伝側と登録側が得をしている点ですが、問題については詐欺被害を宣伝者側が一方的に受けることの他、恨みを買うこともある点です。
しかも、詐欺被害が確定してしまうと宣伝者側も罰せられます。
ただ、これら問題は詐欺だった場合ですので通常は心配する必要性はないです。

次に多いのが、lineを利用した勧誘です。
この勧誘法は最近増えてきたやつで見知らぬ第3者からlineやTwitterを通して海外FXに登録して利益を上げようというような文言で巧みに誘いを受けるという物です。
この方法の利点は興味を持った側から返事を頂くことができる点にあり、海外FX事業者へと誘導しやすいためビジネスで海外FX事業者へと誘導する行為を行いやすいのです。

ただ、この方式、詐欺であることが大変多く、詐欺し自ら言葉巧みに海外FX事業者へと誘導を行いますので立ちが悪く、被害が増加しているやり口です。

何故、アフィリエイト型からこのlineタイプの宣伝法が主流となりつつあるかですが、これは単にアフィリエイトが廃れ始めlineを通して詐欺サイトに誘導したほうが利益になると分かってしまったが故、自らが詐欺に加担し収益を得たほうがお得であると判断し、詐欺が横行するline型の海外事業者の斡旋という仕事をやる人物が増えたわけです。

そして最後の宣伝媒体ですが、lineやTwitterにアフィリエイトプログラムを使用せず、公式サイトのみで宣伝を行うというタイプです。
このタイプは、すでに海外のFX事業者として定着している海外事業者が行う宣伝法で、正確には宣伝行為はせず、公式サイトを構えて利用者が訪れるまで待つというやり方です。

このやり方は利点においては有名な海外事業者であれば利用者自らが訪れてくれますので口コミに左右されることはあっても参加者は獲得でき、宣伝費用も運営側は支払う必要性が無いため、運営側はお得で利用者側も公式サイトから登録しますので正規のやり方で安全なのです。

以上が海外事業者が顧客を獲得する方法ですが、宣伝行為を行うことで利用者を獲得するか、宣伝行為を行わず利用者を獲得するかになります。

タイトルとURLをコピーしました